笑っている人達

注目の記事

オススメリンク

若い人にも多い難聴

池袋の耳鼻科ならここがオススメですよ!駅からも近いのでとってもアクセスに便利です!待ち時間も少ないですよ!

耳の聞こえに支障を感じたらすぐに補聴器を購入しましょう。周囲の音が聞こえにくいと大事故に発展してしまうこともありますよ。

会話の中で何度も聞き返してしまう、聞き間違いをしてしまう事が頻繁にある、というのが難聴の始まりとして最も多いと言われています。
日常生活の中でも、なんだかありそうな場面ですが、それを見落としていると、大変な事になる場合もあるのです。
始めは小さな音などが聞き取りにくいという状態ですが、悪化していくと、聞きたい音が聞けないという状態になる事があります。
例えば、屋外や、職場や学校、会議の場など大勢の人が話している場面で、必要な音を選択して聞けるのも聴力のひとつです。
難聴になると、音を周波数ごとにクリアに脳へ伝える事が出来にくくなるのです。
その為に、多くの音がある場で必要な会話を聞き取る事が出来なくなります。
そうなると、学習が滞ったり、仕事にならなかったりと日常生活に大きく負担となってしまいます。
そんな事にならない為にも、早めに難聴の程度を把握し、程度によっては、補聴器の販売店などで相談をするのが良いでしょう。

特に近年、若い人の間で難聴の症状が出る事が多くなってきたと言われています。
その難聴の症状は突然起こります。
雑音が入ってくる、耳が詰まるような感じがある症状や、耳鳴りやめまい、吐き気をともなう症状があります。
原因は多くは不明で、ストレスや疲労、内耳の循環不全といった原因やウィルス感染という説もあります。
患者数の増加を受けて、厚生省が行なった調査によれば不規則なライフスタイルやストレスが発症の引き金という事がわかりましたが、未だ明確な原因としては認められていません。
突発性難聴と呼ばれるこの難聴は、ステロイド薬、循環改善薬を使った投薬療法と、交感神経を抑制して痛みの伝達をブロックする方法などで治療を行います。
難聴を感じ始めてから10日以上が経過すると、元の聴力へ回復する可能性が低くなるとも言われているので、注意が必要です。
おかしいと感じたら、ためらわず病院に行き、場合によっては補聴器の検討をして販売店へ相談するのが良いでしょう。

近年増えてきた難聴ですが、今までの日常生活と変わらずに過ごすための方法として、治療ともうひとつ、補聴器を利用するという選択があります。
補聴器と言うと、なんだか高齢者が付けるものといったイメージがありましたが、今はそんな事はないのです。
補聴器の販売店に行ってみるとそれがわかります。
販売店では、様々な種類の補聴器を見る事が出来ます。
その機能的な違いは元より、最近はデザイン性に富んだものや、カラフルなものが多いのです。
歯の矯正器具がそうだったように、隠すのではなく、補助具を付けること自体を身に付けるものとして捉える傾向が強まってきているのです。
歯の矯正具を扱う医院や販売店では、以前は金属のまるまる見えて不格好なものが多かったのですが、最近は透明、色付きや柄が入っているものが人気です。
今や補助具であっても、自分の身体の一部であり、どうせ付けるのなら自分好みのものをという考え方が多く商品に反映されています。
補聴器の販売店でもそのニーズを受けて、様々なデザインやカラーを選ぶことが可能なのです。